乗用車は普通、初度登録の年月をベースに古さを表す意味で、何年落ちと

乗用車は普通、初度登録の年月をベースに古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

基準になるのは製造された年ではなく、初めて登録した年から数えるので間違えないようにしましょう。

年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは驚くほど低価格になりかねません。

中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、もし購入する気持ちで考えてみると、状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

続きを読む


インターネットを介して中古車の無料一括査定サイトを使うときにデメリットに

インターネットを介して中古車の無料一括査定サイトを使うときにデメリットになることは、一括査定サイトに登録されている会社から電話攻撃が一斉に始まることがあります。

まあ最初はこちらからサイトを利用したわけで、仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、ストレスをためてしまうよりは、車を売る決心をしていなかったとしてももうすでに売却してしまったのだと言うことが結局一番上手な電話攻勢の回避方法だと言えます。

愛車を手放そうとして買取に出すときには、タイヤの溝の磨り減り具合も査定項目の中に入っているため、溝が磨り減っているとマイナス査定になります。

続きを読む


マイカーを売却する際は現物を見て査定してもらう必要があります。査

マイカーを売却する際は現物を見て査定してもらう必要があります。

査定の形式は、二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。

多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。

一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、足(車)がなくて不自由することはありませんが、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると低めの査定額になるのは否めません。

あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。

一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

続きを読む


愛車を手放そうとして買取に出すときには、タイヤの溝の磨り減り具合も査

愛車を手放そうとして買取に出すときには、タイヤの溝の磨り減り具合も査定項目の中に入っているため、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。

そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えてもタイヤ購入の費用以上に加点されることはありませんから、行う必要性は全くないでしょう。

しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、実査定を受ける前に通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、マイナス査定になることが多いのです。

続きを読む


到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われま

到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、この全損は、異なる二つの意味で使われています。

物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

一般に自動車保険の支払金額というものは、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

自動車保険を扱う会社はJAAI発行の冊子をベースに適正な金額を算定します。

しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。

続きを読む


少数の例外はあるかもしれませんが、買取業者から中古車

少数の例外はあるかもしれませんが、買取業者から中古車売買に関する査定書を出してもらうことは難しく、望んでもくれない場合が大半です。

自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に見積もりをお願いしなければならないでしょう。

協会の事業所は日本国内に全部で50ヶ所以上あり、査定してもらうには料金が必要です。

それから注意点としては、前もって予約が必要になることです。

一般的に車を査定してもらう流れは、一番初めに一括査定をインターネットなどで申し込みます。

中古車の買取業者によってこちらの打ち込んだ情報から査定額が表れますので、査定額が高かったり、信頼できそうだったりする業者に車を実際にみてもらって査定してもらいます。

続きを読む


持っている車を売ろうと決心したときには、一番最初

持っている車を売ろうと決心したときには、一番最初にすることは、今の時点でのおおよその相場価格を知ることです。

今の査定相場金額を知ることで異常に安値で売却させられる可能性をグッと低下させることができますし、前もって調べた買取相場よりも高く査定してくれたお店にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。

インターネット上に中古車の一括査定サイトがあるので、ネット環境が整っていれば、自分の車の査定相場を知ることは簡単ですね。

車の売却、その査定を考え始めたら、とにかく便利なのがオンラインの一括査定です。

続きを読む


下取りではなく買取業者に車を売却する際は手続きが必要です。最初にウェブ

下取りではなく買取業者に車を売却する際は手続きが必要です。

最初にウェブから査定を依頼し、机上査定の金額を知ることから始まります。

そして業者が来て実車査定を行い、実際の査定額(買取額)が提示されます。

金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して代車手配や価格などで折り合いがつけば晴れて契約です。

契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

そして移転登録等の手続きが終わってから業者から売却代の振込があるのが普通です。

続きを読む


いつにもまして念入りに車内の掃除をしたり、業者が来る前に洗車

いつにもまして念入りに車内の掃除をしたり、業者が来る前に洗車を済ませて外観をきれいにしても、それが直接買取額に反映されることはまずないでしょう。

ユーザー個人が出来る掃除であれば誰にでもできるのですから仕方がないことです。

にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

訪問した時に査定対象の車が清潔でピカピカであれば、業者も悪い気持ちにはなりませんし、大事にしてきたのだと思うでしょう。

点数をつけるのは担当者ですから、第一印象が取引にプラスの効果を与えることは充分考えられます。

修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、実際に全損には2種類の意味があります。

続きを読む